Kaulaはブロックチェーンを活用したビジネス・プラットフォームをデザイン・開発しています。

2017年2月8日

Kaulaは新時代の分散型ビジネス・プラットフォームをデザイン・開発しています。
私たちがビジネス革新の基盤として採用した “ブロックチェーン” と “スマートコントラクト” は、これまでのビジネスシーンに存在しなかった新たなサービスを生み出す潜在能力を持っています。

経済産業省が平成28年4⽉28⽇に、下記のブロックチェーン・ユースケースを発表しました。近年、投機的な賑わいを見せている “ビットコイン取引” はそのうちのひとつのユースケースに過ぎず、今後はブロックチェーンのビジネスへの応用が始まると見込まれています。

<ブロックチェーンのユースケース例>

出典:ブロックチェーン技術を利⽤したサービスに関する国内外動向調査
経済産業省 商務情報政策局 平成28年4⽉28⽇

このようなブロックチェーンの将来の展望において、今後は “スマートコントラクト” への注目が高まっていくと考えられています。スマートコントラクトは、いわばブロックチェーンを分散型システム基盤に据えたアプリケーション開発プラットフォームであると言って差し支えありません。

Kaulaは自社開発するプラットフォームの基盤に、”ブロックチェーン” と “スマートコントラクト” を有するEthereumを採用しました。Ethereumは世界で最も多くのブロックチェーン・スマートコントラクト技術者の注目を集めるオープンソースプロジェクトであり、さらに、企業内のアプリケーションから公共の用途まで幅広い活用が想定されている 将来を期待されたシステム基盤※ です。

このような世界の注目を集めるEthereumを自社のシステムプラットフォームに採用し、Kaulaは世界標準のビジネス・プラットフォームの構築を目指しています。

※ Ethereum以外に 一般企業向け :HyperLedger-Fabric  金融機関向け :Corda 等のプラットフォームも注目されています

 

 

カテゴリーBlog