#003 2017-10-21:ブロックチェーンエンジニア(日本)の実態

*私見

先月、日本銀行フィンテックセンター長・河合祐子氏のプレゼンを上海のイベントで拝聴する機会がありました。氏のプレゼンでは日本にはブロックチェーン技術者は50名、そのうちコア技術者は25名という衝撃的な内容だった。

(2017-09-15 @ The 3rd Global Blockchain Summit 2017 @ Shanghai)

今週、某テクノロジー系企業とこの話をしたところ、「そうです、いないのですよ!」と言われました。御意!と思わず・・・叫びました。

2008年に生まれたビットコインも2016年から認知され始めた。まして2015年に生まれたEthereumやHyperledgerに精通した技術者は確かに25人くらいか。。。でも数年で100倍くらいのニーズはあるとの予測。

最近頻繁に日本のIT企業様からブロックチェーン技術者の売込みや協業依頼がありますが会話になりません。そんな時は以下の質問をします。
1)ブロックチェーンでなければ解決出来ない課題は何で、解決案や実績はあるか?
2)仮想通貨発行や運用には国際間の法律や会計の知識が必要だが専門家とのパイプはあるか?
3)ブロックチェーンのコア技術はどうやって取得したのか?
だいたいこの3点を聞くと答えられません。

6月にUKのLevel39を訪問した時も採用の話を聞きましたが、人が欲しいのならベルリンに行けと言われました。

期待されるブロックチェーンエンジニアは、コア技術開発企業、団体やチームと直接コンタクトして採用するか自力で育成するしか無いことを実感しました。

-okamoto

カテゴリーBlog