BRVPSの取り組みは、杭州スマートシティープロジェクトのコンテストで入賞した時から始まりました

記事によると、2015年に初めて発表されたイノーバ・シティは、杭州の8.3平方kmの土地に建設予定。2025年の完成時には9万人の住民が住むと予測しているという。またワンシャンは、今後10年間で290億ドル(約3兆円)を投資し、中国最大かつ相互接続を実現したブロックチェーン基盤のスマートシティを目指し、技術開発およびインフラ開発を支援することを約束したそうだ。
プラトンのブロックチェーン基盤の技術は、住民のデジタルIDの識別、スマートデバイスなどの重要データの追跡・転送・保護に利用するという。また自動運転システムの構築に向け、運転行動データや電気自動車用バッテリーの監視・記録なども行う。

https://jp.cointelegraph.com/news/wanxiang-and-platon-join-forces-for-blockchain-infrastructure-of-new-smart-city-in-china
CERTIFICATE
カテゴリーNews