ブロックチェーンを用いた EV バッテリー・フルライフサイクル管理

去る9月に、カウラが上海で開催された Wanxiang Global Blockchain Summit国際コンテストで入賞したことをお伝えしました。本稿ではその内容をご紹介します。

 

〜バッテリーの残存価値予測エンジンを提案~

カウラ株式会社(本社:東京都千代田区、最高経営責任者:岡本克司)は、ブロックチェーン(分散台帳管理技術)を使い、スマートシティーのモビリティー等で利用される電気自動車のバッテリー残存価値を評価する仕組みBattery Residual Value Prediction System(BRVPS)を提案しました。 BRVPSは、IoT、AIエンジン、ビッグデータ解析、ブロックチェーンを繋げ、データ価値の創造とデータ流通で新たなシェアリングエコノミーモデルを提唱するものです。 Wanxiangが主催する国際コンテスト「Full lifecycle management system for batteries」部門で3位に入賞しました。
なお、同部門の1位はFilament (USA)、2位はBlockApps (USA)と富士通中国です。

1. 背景と狙い
EVバッテリー管理は、世界中でCO2排出規制による世論が高まり 深刻な大気汚染問題の解決が求められており、ガソリン車から電気自動車へのシフトが推進される中 EVバッテリー管理が注目されています。 EV用バッテリーは、EVの心臓部であり、もっとも高価、もっとも重く、しかも危険物です。 中国政府はバッテリー管理を法律で定め、改造を禁止したり廃棄したりすることを厳しく取り締まる方針です。
カウラは、(1)バッテリー残存価値データの取得、(2)AIを利用しバッテリーの利用予測データの2種類のデータをブロックチェーンに書き込み、真正性と非改ざん性を担保し、バッテリー自体のライフサイクル管理と取得されたデータの価値を最大化させ、流通させる仕組みを提案し、新たなシェアリングエコノミーを実現します。

2. BRVPS(Battery Residual Value Prediction System)の概要
バッテリーユニット内の温度、湿度、圧力、電圧、電流等のBMS(Battery Management System)から取得したデータとOBD(On-Board Diagnostics)からの情報をバッテリー残存価値予測エンジンに蓄積し、AI/MLを定常的に実行しブロックチェーンに書き出すことによって、EV/バッテリー所有者や利用者はクラウド経由でデータにアクセスできます。 現在のSOHデータに加え将来のSOHデータ(含む充電効率)とバッテリーの過去の利用傾向をもとにした利用予測データに自由にアクセス出来ることでバッテリー価値の最大限効率的に利用するためのアクションを可能にしたシステムです。

3. 今後の展開
EVやバッテリーメーカとの連携により、バッテリーデータを中心とした新規市場の開拓を目指します。 EVとバッテリーの需給バランス、エネルギーの消費計画、予約、利用、決済の各ステップを実装することで、バッテリーを中心としたEV普及を加速し、付帯サービスを創造し、EV/バッテリー所有者や利用者がコンシューマからプロシューマへ転換することを促進していきます。

■カウラ株式会社の概要
デジタルトランスフォーメーションを促進する一連のコア技術、 IoT、 Big data Analytics、 AI、 Blockchainにフォーカスし、 3つの領域、(1)シェアリングエコノミー、(2)マイクロペイメント、(3)ロボアドバイザーでイノベーションの実現を目指しています。 EEA(Enterprise Ethereum Alliance)メンバーとしてスマートコントラクトの実装、 FACTOMを利用した利用記録管理システムの提供、 今後は Block-less DLT システムの IOTA  Foundation等の検討を通じてブロックチェーン技術を利用した先進的な取り組みを推進しています。 ( https://kaula.jp/ )

プレスリリース(pdf)

本社オフィスの移転

2017年8月1日をもって、本社オフィスを下記の新所在地に移転します。

新所在地: 東京都千代田区神田神保町2丁目9番 第二東明ビル 3階

 

並木幸久氏がフェローに就任しました。

【プロフィール】
医療・健康系事業及びビックデータ分析の国際的な専門家。国際的な産学官連携事業において職務を持つ。南カリフォルニア大学及び同大学大学院でバイオメディカル工学、電気工学及びコンピュータ工学(ビックデータシミュレーション)並びに九州大学大学院でエネルギー量子工学を学習し、卒業。(独)産業技術総合研究所(経済産業省系中央研究所)で、ゲノミクス、再生医療、組織工学、ナノテクノロジー、先進医療技術、幹細胞関連技術、個別化医療・ヘルスケアの国際連携及び産業化支援を担当し、基礎技術の実用化及び産業化の事業化に5年間従事。その後、技術移転会社((株)国際総合知財ホールディングス)を設立し、日米欧亜間の技術取引、バイオ・ヘルスケアベンチャー企業の創出及び経営において13年以上従事。国内外の企業、研究機関、大学、官公庁のプロジェクトにおいて多くの実績と実務を務めており、現在九州大学客員教授、山口大学客員教授などとして健康経済及び価値工学を研究開発。教育機関においては学生の創業支援及び国際ビジネス戦略教育、法人においては国際事業開発、イノベーション教育及び国際人材育成に従事。

【 学  歴 】
南カリフォルニア大学バイオメディカル電子工学部卒業
-DNA及び生体情報の工学的性質を研究開発

南カリフォルニア大学大学院工学研究科バイオメディカル工学専攻卒業
-生体材料の医療用途への応用と生体情報ビックデータの解析を研究開発

九州大学大学院工学府エネルギー量子工学専攻博士後期課程修了・卒業
-DNA情報及び生体情報ビックデータから予測できる生体状態の予測アルゴリズムの研究開発

【現職(公開情報)】

駐日英国大使館/英国国際通商省(DIT(旧UKTI)) ライフサイエンス/日本市場専門官

国立大学法人九州大学 客員教授

国立大学法人山口大学 客員教授

国立大学法人大阪大学 招聘研究員

国立大学法人琉球大学 アドバイザー

学校法人総持学園鶴見大学 知的財産アドバイザー
専門学校法人専門学校 東洋美術学校 アドバイザー

公益財団法人実験動物中央研究所(実中研) 顧問

公益財団法人川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM) 顧問

一般社団法人日本マンガアニメゲーム(JMAG)クリエイターズ協会 理事

株式会社ブラケアジェネティクス 代表取締役社長
(山口大学発バイオ/ヘルスケアベンチャー)

株式会社国際総合知財ホールディングス 代表取締役社長

など

KAULA BLOCKCHAIN SEMINAR 2017-8-3


「Factomブロックチェーンによる利用記録管理システム」
セミナーの開催のご案内

お客様各位

カウラ株式会社
代表取締役 岡本克司

 平素より弊社格別のお引き立ていただき誠にありがとうございます。さて、この度、(株)アトリスの後援をいただき、「Factomブロックチェーンによる利用記録管理システム」セミナーを開催する運びとなりました。皆様におかれましては万障お繰り合わせの上、是非ご参加いただけますよう厚くお願い申し上げます。

– 記 –

 

アトリスと「利用記録管理システム」を共同開発

 

Factomブロックチェーン・ベースの 「利用記録管理システム」をカウラとアトリスが 共同開発で合意 

~マイナンバーの利用記録等の真正性、無改竄性を担保~

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役 岡本克司)は、 人事給与、 会計、 医療物流システムを開発する株式会社アトリス(本社:東京都世田谷区、 代表取締役 安光正則)と、 Factomブロックチェーンを使用して、 利用記録管理システム(以下「本システム」)を共同開発することに合意しました。 本システムを使用することにより、 基幹システムがマイナンバーの処理(追加、 変更、 削除、 参照)をした場合に生成するアクセスログの真正性、 無改竄性が担保されます。 また両社は同「利用記録管理システム」のプロモーションを協業して行ってまいります。

提携の背景

近年ブロックチェーン技術の大きな可能性が注目されるなか、 アトリスが開発する基幹業務においてその処理結果の真正性、 無改竄性を実現することへの要求が高まってきています。 ブロックチェーンの専業会社カウラが有するブロックチェーン・システムの開発ノウハウと、 同社が推進するブロックチェーンのデータレイヤー製品Factomを使用して、 全国の自治体等で(職員が)マイナンバーにアクセスした場合、 その処理結果の真正性、 無改竄性を担保する利用記録管理システムの検討を進めてきました。 両社は本利用記録管理システムのPoC(Proof of Concept)検証を終え、 顧客様との実証検証を経て、 実稼働システムに順次適用していきます。

Factomを使うことで、 利用記録、 貸付記録、 証券、 保険、 医療などありとあらゆる書類や記録を分散的に管理、 追跡、 監査でき、 中央的なシステムに比べより安全に確実にデータ管理ができるようになります。

Note: Factomについて
FactomはFactom, Inc.(本社 米国テキサス州オースティン)が開発し、 提供するブロックチェーンのフレームワークです。 Factom, Inc.はブロックチェーンの技術会社であり、 世界中のシステムに真正性を付与することをミッションとしています。 解決が困難な問題であっても信頼のおけるFactomのフレームワークの上に構築すれば、 企業の発展を阻害するデッドストックをなくし、 社会資本の有効活用に貢献します。

株式会社アトリスの概要

アトリスでは、 20年近く上流工程、 開発工程の現場のニーズに鍛えられた経験をもとに、 独自の業務分析ノウハウを生み出し、 業務分析コンサルティング、 PEXAフレームワークをベースにした多種多様の業態の業務システムの開発、 アプリケーションパッケージの開発支援、 ならびに業務システムの構築に加えてシステムを取り巻くインフラストラクチャまでを含めた構築支援サービスを展開しています。

カウラ株式会社の概要

ディスラプティブな時代のなかで、 新たなソリューションで企業改革を支援するため、 各業界で豊富な経験を持つ経営陣と有能な若手が集結して本年1月にカウラを設立しました。 同社はブロックチェーン技術を軸に、 企業のサポータとして、 また生活や産業構造を変革する画期的なプラットフォーマーとしてブロックチェーンのアプリケーション開発、 記録管理分野、 IoT分野へブロックチェーン技術を適用したサービスの開発を行っています。 また、 AI技術を取り入れるなどブロックチェーン・システムの有効性を高める取り組みも展開しています。

会社名 カウラ株式会社 Kaula Inc.
代表者 代表取締役 CEO 岡本克司
所在地 東京都千代田区外神田2-14-10 第2電波ビル
URL https://kaula.jp/

●当リリースのお問い合わせ先   野畑 裕保    Email :info@kaula.jp

●プレスリリース PDF
English
Japanese

Enterprise Ethereum Alliance Member になりました。


 
5月22日よりNYCで開催されている consensus2017 で新規メンバー(86社が追加加盟)が発表され、KAULA は、正式にEEAメンバーになりました。

EEAでは、下記の5つの課題解決を目標とし企業向け利用促進が期待されています。

  1. ネットワーク層とストレージ層のインターフェースを明確に定義し分離する効率的なモジュール化されたEthereumの実装を開発する。それは、プラガブルコンセンサスのプロトタイプであり、コンセンサスアルゴリズムを切り替えるのに必要なコードの変更を最小化する。
  2. データプライバシーと許可のフレームワークと共に、見込みのあるコンセンサスアルゴリズムの実験する。
  3. 企業に必要な機能と性能特性を明確にする。次のようなものが含まれる。
    1. 10のネットワークを横断する秒間100トランザクション
    2. 高いボリュームと価値を持つユースケース
    3. 高可用性/信頼性
    4. 並列化と水平スケーリング
  4. 上述した内容を踏まえ、かつロードマップと会員から集めた要件を考慮し、Enterprise Ethereumのバージョン1の仕様を開発する。
  5. 強固なガバナンスプロセスを活用し、手法について足並みをそろえ、合意する。

PR詳細内容はこちら(英文)→ enterprise-ethereum-alliance-release

 

 

Smart Market Protocol ソースコード公開

Smart Market Protocol(SMP) のソースコードをGitHubにて公開しました。

まず、SMPのデモサイトでご紹介している価格調査のスマートコントラクトコードを公開しました。SMPのスマートコントラクトはEthereumの独自言語(solidity)で記述しています。

価格調査のスマートコントラクトコード以外についても、順次公開を予定しています。

 

GitHub : https://github.com/SMPTeam/smp

 

 

カウラ株式会社がブロックチェーンとIoTのラボを開設、先端技術とビジネスモデルを実証する体制に

 カウラ株式会社は2017年4月6日ブロックチェーンとIoTを推進するための新組織「カウラ・ラボ」を発足した。「これまで得られた知見を基に、オープンなスマートコントラクト・プラットホームの提供者として、革新的なサービスで新事業の開発に専念してゆきます。」責任者は、CTOの大塚純一が担当します。

カウラ・ラボは、デジタルトランスフォーメーションを促進する一連のコア技術(IoT, Bigdata Analytics, AI, Blockchain)に特化し、フォーカスした3つの領域(①シエアリング・エコノミー、②マイクロペイメント、③ロボアドバイザー)で実証環境を提供する組織としています。「ブロックチェーンやIoTは技術面だけでなく、ビジネスモデルの観点でのイノベーションも欠かせない」。そこで、技術的バックグランドの強いカウラ・ラボの創設で新規ビジネスの立案、発足の経験が豊富なチームとの連携で経営革新を進めて行きます。

新設したカウラ・ラボは、イーサリアム基盤のマイクロペイメント・プラットフォームSMP(Smart Market Protocol)を開発し近日中のオープンソース化を予定しています。開発責任者は、イーサリアム・スマートコントラクト開発リーダーの町浩二が担当し、エバンジェリスト型MVE(Minimum Viable Ecosystem)を推進しプラットフォームの完成度を高めて行きます。

また、最新のブロックチェーン技術を得るために、先行する英国は、KAHM社と提携(3月6日発表)、将来的には、ヨーロッパ、米国などの有力企業との提携を進め活動の領域を広げて参ります。