Battery Residual Value Prediction System

BRVPS1.0 Reference Implementation(参照実装)

BRVPS1.0 Reference Implementationは、ブロックチェーンのスマートコントラクト機能を整備しAPIで利用できる、分散アプリケーションを構築するSDKです。2019Q1にリリース

以下のドキュメントが用意されています。

BRVPS分散アプリケーションを構築するための SDK。・ユーザガイド(利用の手引き)
・API リファレンス
・ソースコード
1.概要BRVPS1.0 Reference Implementationとは
2.アーキテクチャ2.1 要素
2.2 スマートコントラクト
2.3 オブジェクトプロトコル
2.4 アプリケーション
2.5 コントロールプログラム
2.6 ウォレット
2.7 ブロックチェーンネットワーク
2.8 サービス
3.開発環境3.1 アプリケーション開発⾔語
3.2 コントラクト開発ツール
3.3 ビルド、デプロイメント、テスト管理
3.4 開発ネットワーク
3.5 フロントエンド開発フレームワーク
3.6 セキュリティ
4.BRVPSアプリケーション4.1 チャージングポストアプリ
4.2 バッテリ売買アプリ
4.3 エスクロー
補足:実開発への適⽤メッセージング
暗号化トランザクション
状態管理
ネットワークとの通信
イベント処理の永続化
Name Service の使⽤
セキュリティ
並列処理化
BRVPS1.0 RI

▶ソフトウエア・プロダクト詳細は次ページ以降を参照ください。
 P-2 : BRVPS1.0 Reference Implementation (参照実装)
 P-3 : BRVPS1.0 for EV/ESS Battery(状態監視)
 P-4 : BRVPS2.0 for Cloud Battery(電力・エネルギー統合)