HOME

News


  • デジタル革命の基盤を整備することを目標に、世界の標準化団体やブロックチェーン団体のメンバーと共に活動をしています。
  • IoT、ビッグデータ解析、AIとブロックチエーンの融合で循環型経済プラットフォーム(KABLIS)開発を通じて実装可能な取り組みで、価値を提供するデジタル・サービス・プロバイダーです。
  • ブロックチェーン技術の最新動向や評価、新技術将来性評価、個別技術の発展性評価などのエキスパートオピニオン提供など、環境保全、社会貢献、企業統治に配慮して価値創造・信用創造を目指すESG企業です。  


プラットフォーム戦略

  • ブロックチエーン技術の可能性は、複数のアクター間で、存在証明されたデータの流通を実現することで新たな価値が生まれ、共有経済、循環経済、価値経済への対応が可能となる。
  • 価値交換プラットフォームの構築で、CO2排出権、再生エネルギーの最適化など永続的なライフサイクル管理が実現される。
  • 社会的包摂(デジタルデバイド、金融包摂)可視化がブロックチエーン技術の利活用領域になる。

デジタルサービス・プラットフォーム

2021~2022

  • BACE-Platform(バッテリー循環型経済プラットフォーム
  • 課題
    • バッテリー循環型経済リユース・リサイクル
    • 中古車販売価格維持
    • 損害保険基礎データ提供
    • 脱炭素、社会包摂を可視化
  • 成果
    • Web3 自己主権型ID (SSI: Self-Sovereign Identity)、分散アイデンティティ(DID)を実装しデジタル証明(VC)を実現
    • DPI(Decentralized Plug-In)の搭載
      • 各種劣化診断ロジック搭載(高速劣化診断)
      • GHGプロトコルなどデータ連携
      • 拡張DPI
    • リユース蓄電池データベース構築
    • PoCプロジェクト実施中
    • KABLIS事業化アナウンス(2022.03.31発表)

2023~

  • トークンエコノミープラットフォーム(計画中)
    • 金融API連携/CBDC対応
    • ラストワンマイル解決
    • バッテリー証券化など

2018~2020

  • BRVPS:EV蓄電池の残存価値予測システム(シェアリングエコノミ)
    • 課題:EV蓄電池の2次利用市場の台頭への対処
    • 成果
      • Traceable Certificate Data Marketplace:データマーケットプレイス
      • スケートボードで実証実験(BMSデータ収集)
      • ブロックチエーンを使ったデータの存在証(VC)を実現

Aword

FROST & SULLIVAN 2019
Entrepreneurial Company of the Year, Award for Automotive Blockchain Technology 受賞

Wanxiang Global Blockchain Summit 2017
「EVのバッテリー管理(BRVPS)部門受賞」


History


カウラは、非金融領域での利用を目指して、海外のコミュニティーへ積極的に参加しております。2017年5月に設立したEnterprise Ethereum Allianceに初期メンバーとして加盟、2020年には、Mobilityに特化したMOBI、電力・エネルギーに特化したEWFに加盟し、世界のリーディングカンパニーと協調して活動しております。2021年は、ブロックチエーンの利活用を実装した循環型経済プラットフォームや脱炭素社会に向けた活動にフォーカスして活動を行っております。

  • カウラは「自動車100年塾 設立趣意」に賛同し、自動車Mobility)の再定義によるユースケースの開発や環境の変化に対応する為に、また、弊社が開発を進めているKABLIS”循環経済型プラットフォーム”の機能を検討する目的で加盟しました。
  • 「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に3号会員に入会。
  • MOBI理事/伊藤忠総研上席主任研究員の深尾氏の著書が発刊され、カウラが開発しているBRVPSの事例が第5章「車載電池のライフサイクルマネジメントを強化する」が掲載されました。
  • 先進的な企業、政府、NGOと連携して、標準を推進し、ブロックチェーン、分散型台帳、および関連技術の採用を促進することにより、モビリティサービスをより効率的、手頃、環境に優しく、安全で、混雑を緩和することを目的とする非営利のコンソーシアム。