MOBI

ブロックチェーン(分散型台帳)を使って、自動車に関連したデータを生かす動きが広がり始めた。車の履歴・認識データが共有され決済機能と組み合わさると、自動運転などを通じ次世代交通を変えそうだ。欧米の自動車やIT(情報技術)の大手など約150社・団体が参加する「モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ」


Working Group


MOBI Colloquiums LOS ANGELES 2019


MOBIコロキウムと展示会は、AI、IoT、ブロックチェーン、モビリティ、スマートシティの融合を探求し、創造性と専門家の成長を触発することで、人間中心としたモビリティのための実行可能なエコシステムを構築します。 MOBIコロキウムは、きずきのための最高の会合です。 あらゆるレベルのグローバルな専門家が参加し、学び、ネットワークを構築する機会を提供しています。参加者はモビリティとブロックチェーン技術の世界で次に何が起こるのか、そしてそれらがスマートシティの取り組みとどのように関連しているのかを探ることができます。 MOBIコロキウムは、多様なトピックと人々が一堂に会することで、予想外の発見が起こることを証明しています。

KAULAは、2019年にLAから参加、2020年は日本でも計画されています。