バッテリー循環型経済プラットフォームの重要性とは?岡本代表インタビュー(LIGARE)


EUバッテリー規制の運用が刻一刻と迫ってきている。EV用の使用済みリチウムイオンバッテリーの回収に関して、欧州委員会は早くて2023年の義務化を発表した。世界標準になる可能性がある規制だけに、日本への影響も大きいことだろう。そうしたなか、バッテリーを効率的に回収するため、ブロックチェーン技術を活用したバッテリー循環型経済プラットフォーム「KABLIS(カブリス)」を開発しているのがカウラ株式会社(以下、カウラ)だ。

同社の岡本克司代表に、バッテリー循環型経済プラットフォームの重要性や、今後の課題を聞いた。

KABLIS概念図

KIGARE記事

https://ligare.news/story/kaula/?doing_wp_cron=1659484588.3872399330139160156250

(註)有料会員限定記事となっております。