Our Business

|事業内容

  • ブロックチェーンコンサルティングビジネス
    • デジタルトランスフォーメーション・コンサルティング
    • ブロックチェーン開発環境(FUSION)の提供
    • ブロックチェーン人材(技術者、経営層)育成事業
    • トークンエコノミー
    • コミュニティの運営(KAULA Blockchain Meetup
  • 非金融領域でのブロックチェーン利活用の研究・評価
    • ブロックチェーンとIoTアプリケーションのデザインと開発
    • AIや計算ロジック連携の研究、評価
    • P2Pネットワーク技術の研究(東京工業大首藤研究室)
    • リチウムイオン蓄電池の劣化診断
    • クラウドバッテリーの研究
  • 先端技術調査
    • Oxford University Innovationと連携した先端技術調査
    • 研究機関と連携したブロックチェーン・コア技術の調査、評価
    • 実績
      • 車のサイバーセキュリティー
      • MaaS利用実態調査
      • Inter Ledger Protocol調査
      • DAG(IOTA, Hash-graph)評価

ソフトウェア製品

・FUSION PLATFORM

Kaula Fusionプラットフォームは、より効率的で調和のとれた方法でブロックチェーンインフラストラクチャ上でdApp、スマートコントラクトとサービスを 設定、管理、実行することなく手軽に構築することができる 、一連のミドルウェアから構成されるクラウドベースのサービスです。
  • FUSION PLATFORM
    • dApps構築アプリケーションコンポーネント
    • 機能
      • アプリケーション開発⾔語
      • スマートコントラクト開発ツール
      • ビルド・デプロイメント・テスト管理
      • 開発ネットワーク
      • フロントエンド開発フレームワーク
      • セキュリティ
      • ブロックチェーン・インフラは、Quorumを利用
    • 2019Q2より提供開始
  • DataWallet
    • dApps起動を一元管理を実現
    • ERC20準拠のWallet
    • uPortを実装
  • dApps(分散アプリケーション例)
    • EV車とチャージステーション連携
    • EVバッテリーの2次利用売買
    • 個人データ管理フレームワーク
    • 共通機能:エスクローサービス

サービスプラットフォーム

BRVPS(EV用バッテリーの残存価値予測システム)と応用例

  • BRVPS概要
    • バッテリー不法投棄・改造の不正検知など資源管理
    • EV蓄電池の2次利用(カスケードリユース)残存価値予測
    • VPP/V2G/V2H向けクラウドバッテリー
    • 希少金属リユース(希少金属含有量の推定)
  • BRVPSビジネスコンセプト
  • BRVPSブロックチェーンコンテスト@上海
  • チャージングポスト連携
    • EV(OBD, BMS)の状態データの取得、充電課金の処理
    • 実証実験済

Cold-Chain(物流:温度管理データ証明)

  • ブロックチェーンテクノロジーにより、運送時の温度管理が適正に行われた場合に信頼できる証明書を発行
  • リアルタイムに、生鮮野菜、冷凍食品などを輸送する場合、契約通りの温度管理がなされたかの証明が可能になる
  • 運送ルートの最適化、搬送車安全データの利用

Medical Passport(個人データ管理フレームワーク)

  • メディカルパスポートは保健データのアセットを共有するプラットフォーム
  • 個人ヘルスケア・データを安全に管理し、自動車関連企業と医療、製薬、旅行、保険、航空、弁護士などの異業種連携を実現
  • 利活用領域:アレルギン情報管理、健康年齢保険、個人情報預託、GDPR対応など