Kaula develops DataWallet

カウラはブロックチェーン分散アプリケーションを
管理するための DataWalletを開発

複数のブロックチェーン分散アプリケーションを管理するための分散アプリケーション。ユーザー自身が分散アプリケーションの情報と使用する個人データを容易に、 安全に一元管理します。

分散レジャー技術のカウラ株式会社(本社 東京、岡本克司|CEO)はDataWallet の開発を発表いたします。
ブロックチェーン・アプリケーションが産業界で利用される日がそこまで来ています。その時にはアプリケーション自体が使いやすいと同時に、アプリケーションを容易に利用できることが大切になってきます。アプリケーションを使いたいときに素早く起動でき、使用する個人データにも容易に、安全にアクセスできることが必要です。DataWalletはユーザが日々利用する複数のブロックチェーンの分散アプリケーション(dApp)を素早く起動するための分散アプリケーションであり、ユーザ自身が一元管理することができます。

1.機能概要
DataWalletの中心にはERC20 Walletがあり、ブロックチェーンの特質である「価値の移転」の操作と管理を担っています。MyDapps Directoryはユーザが保有している分散アプリケーションの情報、例えば分散アプリケーションで引用される個人データ、分散アプリケーションが実行される場所、分散アプリケーションを実行するための初期データなどを格納しています。これらのデータはユーザが管理しやすいようにシンボルデータで保持され、名前サービスを介してユニークなIDに変換されます。また、ユーザ認証のために、デフォルトとして、uPortを使用します。必要な分散アプリケーションはApps Storeから購入することができ、その時に上記のデータがMyDapps Directoryに格納されます。

図1  スマートフォンでのDataWallet

2.開発の背景と利用領域
DataWalletは一般社団法人オートモーティブブロックチェーンコンソーシアム(ABCC)  のアプリケーションの実行管理のために考案され、その後DataWallet として一般モデル化されたものです。以下に挙げる様々なシチュエーションで利用することができます。
(1) スマートフォンを使用し、パーソナルユースに利用
(2) PCなどを使用し、企業アプリケーションを実行
(3) 自動車に搭載されたエッジコンピュータを使用し、各種のIoTアプリケーションと連動

3.提供時期等
DataWalletは2019年の初めにベータ版をリリースし、いくつかのブロックチェーン・アプリケーションでその有効性を検証する予定です。
また、限られた環境ですが、DataWalletを介して、複数のブロックチェーン・アプリケーションの相互運用性をサポートする計画です。

 

Kaula株式会社について
本社: 東京都千代田区神田神保町2-9
分室:東京都渋谷区桜ケ丘12-10 住友不動産渋谷インフォスアネックス Neutrino
URL: https://kaula.jp/
業務内容:
– デジタル・トランスフォーメーションを目指すコンサルティング・サービス
– データ管理やIoTのブロックチェーン・アプリケーションの開発
– ブロックチェーン教育
加入団体等:  以下の組織のメンバーです。
– Enterprise Ethereum Alliance (EEA)
– Edge Platform Consortium (EPFC)
– Automotive Blockchain Consortium (ABCC)

Contact: info@kaula.jp

カテゴリーNews